Back to all events

英国教育産業セミナー

Monday 21 Jun | 16.30 P.M. - 17.45 p.m.

グローバル化、情報化の加速により複雑に変化していく社会の中で、教育においても、その目まぐるしい変化への関わり方が問われています。さらに、新型コロナウィルス感染症の影響で対面式の授業の代替案となる、新しい包括的な教育プラットフォームに世界の注目が集まっています。

Location

ZOOM

Price

Members: ¥0

Non Members: ¥0

Written by Sam

グローバル化、情報化の加速により複雑に変化していく社会の中で、教育においても、その目まぐるしい変化への関わり方が問われています。さらに、新型コロナウィルス感染症の影響で対面式の授業の代替案となる、新しい包括的な教育プラットフォームに世界の注目が集まっています。

本イベントでは、国際的に高い評価を得ている英国の教育関連企業が、以下の分野における最新情報を日本の教育現場・関連企業の皆様にお届けします。

  • EdTech
  • 職業訓練・キャリアアップ教育
  • 英語教育‐業界に特化した英語学習の分野での新しい教育・評価方法

「教育」という国家の未来を担う重要な分野において日英のパートナーシップがより深まる機会となれば幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

駐日英国大使館 国際通商部
ダイレクター クリス・へファー

 

【イベント概要】

日時: 2021年6月21日(月), 22日(火)16:30~17:45 (ライブ開催)
視聴方法: ZOOM
言語:   英語(同時通訳あり)
参加費:   無料
定員:   200名
対象:   学校法人・教育機関・教育関連企業・団体・政府関係者  (一般・学生不可)

 

事前登録制 – 617日(木)締切

2日間で異なるプログラムをご用意しております。ご興味のあるセッションをご自由にご聴講いただけます。

621日プログラム】

– ジュリア・ロングボトム 駐日英国大使 挨拶 –

  1. 国際通商省スペシャリスト – 技術職業訓練及びキャリアアップ学習 –
  2. Aspire Consulting & Training
  3. Pearson
  4. Moller Institute
  5. 国際通商省スペシャリスト – 英国のEdTech (Part1) –
  6. Nisai Group
  7. EtonX
  8. MEL Science
  9. ScienceScope

 

622日プログラム】

– マリークレア・ジョイス 国際通商部 貿易担当参事官 挨拶 –

  1. 国際通商省スペシャリスト – 英国のEdTech (Part2) –
  2. Digital Influx Limited
  3. Juniper Education
  4. Just2easy
  5. Tes
  6. 国際通商省スペシャリスト – 英語教育、評価方法 –
  7. Cambridge Assessment English & Cambridge University Press
  8. m2r Education
  9. Callan Method Organisation

参加英国企業の企業概要はこちらからご覧ください。

 

Japan is currently undertaking reforms in school education, and the new National Curriculum Standards (implemented from 2020 to 2022) aims for the teaching of English to be mandatory from third grade at elementary schools.

In terms of EdTech, the GIGA (Global and Innovation Gateway for All) School Program has been established by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) and this will support municipalities to advance ICT environments and implement cutting-edge technology for education. MEXT reported in March 2021, that 98% of municipalities had provided a device to each student and rolled out high-speed internet in schools.

In light of these major policies, the Department for International Trade (DIT) Japan will host our first online education business showcase (a webinar, with simultaneous interpretation) for selected UK providers. This event will provide UK education providers with an opportunity to demonstrate their products & services and will also raise the profile, awareness and interest in UK education with Japanese stakeholders. The event may be split into two separate sessions, guided by the streams of education represented at the event.

1-2-1 meetings: There will also be an opportunity for UK providers to engage in 1-2-1s with local stakeholders, and prior to the webinar, a UK delegate brochure will be circulated to Japanese companies. On their registration, Japanese participants will have the option of requesting specific meetings with the UK participants. DIT Japan will facilitate introductions before handing over to the interested parties to arrange a slot. Please note that DIT are not able to guarantee the number of these meetings for the UK participants.